アルコールストーブ FAS-30T

バランスの取れた性能

FAS-30Tは、立ち上がりの速さ・火力・燃費・剛性・安定性・重量の全てにおいて、高い次元での性能を追求したアルコールストーブです。
内筒に設けられた独自のSpiralGroove(螺旋状の溝)構造により、毛細管現象で吸い上げた燃料を素早く気化・燃焼させ、終始安定した完全燃焼を実現しています。

重さは僅か13g

SpiralGroove構造は燃料通路を長く稼げる為、ストーブ全高を30mmに抑える事が可能になり、システム全体の軽量化と安定性に寄与しています。
ストーブ本体の重量は僅か13g、アルコール燃料の最大容量は30ml(推奨は25ml以下)で、最大約9分間安定して燃焼し続ける事が出来ます。
※起動時間・燃焼効率が最も良いのは10ml〜25mlの燃料を入れた場合になります。

チタンとアルミのハイブリッド構造

精密さが求められる内筒は3Dプリント出力されたチタン製、外筒は軽量化の為にアルミ缶を再利用しています。
内筒にチタンを使用する事で、一般的なアルミ缶ストーブに比べ非常に高い剛性を手に入れました。縦方向であれば人が乗っても壊れません。
熱伝導率の低いチタンは本体温度を一定に保とうとし、風防を使用した熱帰還の高い状況でも安定した燃焼をします。
また接着剤等を一切使用せず外筒と嵌合されている為、熱による劣化や性能低下に悩まされる事もありません。

3Dプリントがもたらしたメリット

アルコールストーブの開発で一番の障害になるのは、ハンドメイドによる試作品のばらつきです。試作品の工作精度が一定でなければ、燃焼試験で性能を比較検証する事はできません。その点3Dプリントであれば出力される品質は一定なので、設計・試作・試験のサイクルにノイズが入らず、改良を重ねていく事ができるのです。
何度も改良を加えられた内筒はジェット孔の角度まで精密にモデリングされ、0.06mm以下の精度で3Dプリント出力されています。

永く使っていただく為に

アルミ製の外筒は小傷程度では性能に全く影響ありませんが、万一尖ったもので穴を開けてしまったり大きな傷が付いてしまった場合、有償にて外筒の交換が可能です。もちろん、DIYが得意な方はご自身で交換する事も可能です。
いつまでも美しいトルネード炎を堪能できるFAS-30Tは、永きに渡ってあなたの旅の最高のパートナーとなるでしょう。

商品の納期に関して

完全受注生産の為、オーダーいただいてから最大3週間前後かかる場合があります。また1個ずつ3Dプリント出力しハンドメイドで仕上げている為、一時的にオーダーストップさせて頂く事がありますがご了承ください。

仕様

重量:13g
高さ:30mm
直径:53mm
材質:チタン2種(内筒)、アルミニウム(外筒)
最大容量:30ml(推奨25ml)
燃費・火力(参考):20mlの燃料で400mlの水を着火から5:10で完全沸騰させ6:23鎮火(気温等条件によって異なります)
価格:¥9,800(税込)

※3Dプリント造形品の表面は鋳造品と違い少しザラザラとした質感です。またヘッド部に積層跡(0.1mm前後の段差)が見られる部分があります。性能には影響ありませんが予めご了承ください。

ムービー