チタンDIYホイル

ウィンドスクリーンは必要不可欠な存在

ガスやガソリンのストーブに比べて熱量の小さなアルコールストーブや固形燃料ストーブは、ウィンドスクリーン(風防)の存在が不可欠です。
稜線上の風から炎を直接保護する事はもちろん、輻射熱や煙突効果で熱効率をアップさせる事が期待できます。

自作ウィンドスクリーンに最適な厚さ

素材選定には0.02mmから0.10mmまでのチタン箔を取り寄せ、それぞれ工作して検討しました。その結果、0.08mmのチタン箔が最も工作がし易く、強度とのバランスも優れていました。
薄すぎるチタン箔とは違い適度な『コシ』と『しなり』があり、自立する風防として軽さと強度を備えた最適な厚さとなっています。
空気穴は空けておりませんが、市販の穴あけパンチで簡単に空ける事ができます。

分割式のDIYウィンドスクリーン素材として

高さが120mmあるので、小さなポットに収納できるセパレートタイプのウィンドスクリーンを自作する素材としても最適です。DIYする方向けに、FAS-30T Stove SystemにもピッタリなDIY用型紙を用意しました。分割時は高さ65mm、使用時の高さは約110mmとなり、ポットの半分程度までカバーして熱効率を上げる事ができます。
プリンター・ハサミ・両面テープ・定規・カッター・8mm穴あけパンチがあればDIYする事ができます。

型紙PDFはこちら

この型紙は、Zen Backpacking Stovesで公開されているCaptain Paranoia's Windscreen PotStand Toolを参考に、FAS-30T Stove System向けにアレンジ・改良したものを公開しています。

webZen Backpacking Stoves

仕様

重量:約20g
大きさ:120mm × 500mm
材質:チタン1種
価格:¥3,400(税込)